JIKKENTEKIの実験結果

先週末はいつものキャンプ場へ足を運び、
「SPJ」改め「JIKKENTEKI」なイベントで
スピーカーを並べて遊んできました♫




IMG_1275.jpg
「おおばのシステムとガチセッション」





IMG_1272.jpg
「絶妙だった今回のタイムテーブル」





IMG_1268.jpg
「オープニングはスキンズが場を温めました」





batch_IMG_1276.jpg
「体の向きは自然とスピーカーへ」





batch_IMG_1280.jpg
「熟練の技を披露する職人ハンナ氏」





batch_IMG_1274.jpg
「今回のまかないは豚汁とホットサンド」





batch_IMG_1273.jpg
「あっという間に空になりました◎」





batch_IMG_1277.jpg
「無事に出番を終えたスキンズ(oi!)」





自分の出番は夜でブースも暗く、
ターンテーブルの針先が
鬼のように見にくかったですが、

真っ正面のスピーカーから発せられる音圧で
いつも以上にご機嫌な音が出せました。
(個人的なニューチューンも♫)

夕方から夜にかけてレゲエ、
夜から朝にかけてトランス、
朝から昼にかけてテクノ…と

タイムテーブルも時間的にバッチリで、
年季の入ったセレクターやDJ達が
夜通しで場を盛り上げておりました(激アツ)

大好きなスピーカーの音圧を感じながら
豚汁やホットサンドを配布したり、
子供の面倒をみたり、ゲストと談笑したり、と

セレクター以外にもやることが多く
いつも以上にバタバタ気味でしたが、

DEEPでハードコアな音楽のおかげで
あわてることなく楽しく過ごせました。

本当に楽しかった!
そして鬼のようにあっという間だった!

「JIKKENTEKI」関係者各位の皆さま、
素敵な時間をありがとうございました(感無量)
また次回も楽しみにしております…!

今日も元気をありがとう✡️


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


不安だったレーザーの行方

fb71c16127e6099a9848519fd7b27639.jpg
「今年もてんぷらを食べました(ほろ苦)」




先日は左目の放射線網膜症を治療すべく
いつもの大学病院へ行ってまいりました。

外の天気はどんよりと曇っており、
通行中も左目のザル(みたいなチカチカ)が
視界の邪魔をしておりましたが、

バス停の途中にある郵便局で
さくっとポケモンボールをゲットして、

バス停で「ポケモン、ゲットだぜ♫」と
子供のように遊んでおりました◎

あいにくの天気が影響していたのか、
バスは私1人の貸し切り状態…

あぁ、レーザーってどんななんだろう?
熱くないかしら?
痛くないかしら??
不安と緊張でいっぱいになりつつも、

出かけに届いたレコードのことを考えながら
鼻歌まじりで病院に足を運びました。




IMG_1255.jpg
「貸切状態は贅沢な気分」





出かけにオキノームも飲んだし、
きっと今日も大丈夫!!

なにかあっても病院だし…と
自分を勇気づけながら
待合室で待つこと20分(ぐらい)

番号が呼ばれ、いつも通りに
視力検査+瞳孔を開く目薬をポトリ、

中の長椅子に座って、視界をボンヤリさせつつ
おとなしくF先生の診察を待ちました。


再び自分の番号が呼ばれ、
いよいよ診察が開始(ドキドキ☆)

1月に眼球へ注射をした時は、
(薬を注入している間が特に)目の奥に
なんとも言えない痛みが走りましたが、

眼科のF先生に聞いたところ、レーザー治療は
時間をかけて回数を打つ分、地味に痛いとのこと…
(男性でも悲鳴をあげるとのこと)

…かと思えば、レーザーを浴びても
ケロッとしている人もいるらしく、
まさしく「神のみぞ知る」状態…

いでよ!オキシコンチン!
(すべての痛みを麻痺させるのだ☆)

自分にはよく効く鎮痛剤がついている、と
再び自分を奮い立たせながら、

造影剤とレーザーの同意書にサインをし、
まずは造影剤を注入した検査を行いました。



IMG_1258.jpg
「造影剤はきれいなオレンジ色」





…すると、どうでしょう!

F先生は検査結果をチェックしながら
前回の検査時とあまり変わらない
そう言って少し悩み始め、

じっくり検討した結果、なんと!
レーザー治療は「一旦中止」となりました。

そのかわりに、また左目に
あの注射を打つところでしたが、
(前回の注射からちょうど2ヶ月経過した)

露骨に嫌な顔をしたのがバレたのか?
今回は注射も持ち越しとなりました(安堵)


ふーーー、危なかった!
(いや、いつも救ってもらってます)

治療といえど、痛いのは
誰だって嫌なもの…!

できることなら注射の類は避けて
薬の服用ぐらいで済ませたいところですが、

次の眼科の診察は約1週間後(早)

わがままなことをつべこべ言わず、素直に
専門家の意見に耳を傾けたいと思います。
(いよっ!餅は餅屋!)




mochisui_meijin.png
「すすりもちも気になる存在」




…そんなわけで、話題にのぼっていた
レーザー治療は一旦中止となりましたが、

ザルの目(と子供の目)をくぐりながら
また追って報告したいと思います。

放射線網膜症が気になる人も、そうでない人も、
(お餅の食べ方が気になる人も)これからも
どうぞよろしくお願いいたします。

今日も元気をありがとう✡️


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



危うい事態をすりぬけた週末

e4257db39c65ea5ec960c3e7c744bf22_s.jpg
「いよいよ梅の花が見頃です」




早いものでもう3月!

3月といえば眼科で明後日から
左目のレーザー治療が始まります。

レーザーって熱いのかしら?
眩しいかしら?痛くないかしら?

…考えていたら少し心配になってきたので、
Google博士に質問をしてみました。



laser_treatment_02.jpg
引用:糖尿網膜症の治療




レーザー光を用いた治療は,レーザー光をメスとして利用する外科的治療と,
レーザー光の高エネルギーを直接病変部に照射する治療とに分けられる。
レーザーメスは組織に接触しないで切開・止血・凝固ができ,また非常に細かい操作も可能である。

(コトバンクより引用)



…うーむ、なんだか難しそうな単語ばかり、
オキシコンチンでとぼけた頭の私には
少しちんぷんかんぷんな内容ですが、

どうやらレーザーはさまざまな分野で使用される
最先端な医療技術の模様です。
(シミ・ホクロの除去やレーシックなどにも)

さらにレーザー治療経験者の声を聞いてみたところ、
痛いという人もいれば痛くないという人も…

…ここらへんはなんとも言えないけれど
できるだけ痛くないことを祈るばかりです(怖)


左目の網膜症は、2年前の放射線治療が原因で
見え方はザルを被せたような感じなのですが、

症状が糖尿病の網膜症と似ているらしく、
網膜症でレーザー治療をした人は
圧倒的に糖尿病の患者さんが多かったです。

今回の治療は血管の破裂を止めるためで、
覆われたザルが外せるわけではなさそうですが、
このまま悪化して何も見えなくなるよりはマシです。

どうか、レーザー治療が
バッチリ効きますように☆
(何卒痛くありませんように☆)



51c25d5fd0fcdea1a6cf4336c9493c74_s.jpg
「星空に願いをこめて」





そんなわけで先週の週末も、家族総出で
山奥の仮スタジオへ足を運び、
太陽を浴びながらのんびり過ごしました。

3月らしく風は冷たかったものの、
道の脇にはいよいよふきのとうが…!

いよいよ春まっしぐらといったところで
ポカポカ陽気が心地よい毎日です。

さぁ、皆さまもご一緒に
Let's ひなたぼっこ!!!



IMG_1238.jpg
「足元に小さな芽が…!」




IMG_1236.jpg
「今回は風除けのタープも(+テント)」




IMG_1239.jpg
「あっという間に日没の時間」




さて帰ろうか、と動き始めたところで
家主のボウが車の異変を発見(Warning!)

知らぬ間に息子がいたずらをしていたようで
なんと!車のバッテリーがなくなっていたのです!!

うんともすんともいわない車を目の前に
「はて、どうしたものやら」と考え始めましたが、

・手元にブースターケーブルがない
・乗ってきた車以外に車はない
・お店も遠く、自宅までは車で20分ぐらい
・仲の良い近所の友人は子供が生まれたばかり

…などと考えているうちにあたりは日が暮れ始め、
みるみるうちに凍えるような寒さになってまいりました。

「どうしよう?このままじゃ帰れない…」と
あせり始める私を横目に、家主のボウは
「さて、どうするか」とマイペースな様子で、

おもむろにスタジオの電線をカットして
はさみでケーブルを剥き始め、

さらに野外用のジェネを運び出し、電線で
ジェネと車をダイレクトにつなぎました。
(良い子は真似しないでください)



f19a96de81313383e8d24184ac9854a2_s.jpg
「近未来な電気自動車にも憧れる」




タープ(とテント+電気毛布+ストーブ)に避難して
しばし待つこと30分(各々スマホで遊んでいました)

ドキドキしながら車を充電させてみたところ、
なんとか無事にセルが回るようになりました。

「さすがだーーー!!!」
私の歓喜の声が山に響き渡りました。

テントでぬくぬくとアニメを見ていた息子は
そんなこともつゆ知らず(+夕寝付)

車に乗る時は「俺がいたずらしてやったぜ!」と
言わんばかりにキャーキャーと喜んでおりました。

たまたまこの日は実験的に
キャンプ気分を味わっておりましたが、

それが功を期して、トラブル時も
なにも問題なく時間が経過しました。

「あわてるような事態だったけど
あわてなくて良かった…」
(きっとエネルギーの無駄使い)

帰り道、途中の信号で一度
車が止まったりしたものの(汗)

無事に帰宅できて本当に良かったと
心から安堵いたしました。


pose_anshin_ojiisan.png
「一時はどうなるかと…!」




といったわけで、突発的なピンチに
思わずあわてそうになりましたが、
(ボウがいて本当に良かった)

あわてるなんとかはもらいが少ないと言います。

「大丈夫、きっとなんとかなる」

時には楽観的に、あわてずにマイペースで
(今の気分を大切にしながら)
日々過ごしてまいりましょう◎

皆さまも、無邪気な子供には
くれぐれもご注意くださいませ。

今日も元気をありがとう✡️


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村