眼科は癌科にあらず(前編)

20160223102727b15.jpg


PARAMOUNT、天気も良くて心地よくて
とっても楽しかったーーー!!! (猫耳、魂の声)

関係者各位の皆さま、いつも夢のような時間を
本当にありがとうございます(感無量✧)
またお会いできる日を心から楽しみにしております◎


そんなわけで(まだ魂が置いてけぼりですが)
先日は左目の網膜剥離(目の転移)の診察で
いつもの病院へ行ってまいりました。

眼科は相変わらず激混みで、待合室は
隣の耳鼻科まで患者があふれ出て、
診察室内の長椅子は立ち見が出るほど…!

そんなこんなで視力と視野の検査を受けるだけで
かれこれ3時間くらいかかりました(瞳孔も開きつつ)

目の検査は自分なりに気合いでがんばりましたが、
やはり左目の結果はあまり思わしくなく(トホホ…)

右目を塞がれると「」が回転してしまったり、
光が上半分ほとんど見えなかったり、と散々な結果に…

電子カルテの結果に目を向けると、左目の視野の円は
半分くらい黒く記されて、先月の診察から網膜剥離が
さらに進行しているのも画像から明確にわかりました。

新たに私の担当となった女性ドクターのF先生は
笑顔で結果を説明しながら「あとは上司(目玉の親分)から
話を聞いてください」と軽やかに診察を終えました。

再び待ちほうけて、ようやく目玉の親分と対面すると
彼は画面を見ながらあごに手をやり、前回と同様に
「ううーーーーん」と うめき声を 明らかに悩んでおりました。

↓前回の診察の過去記事(4/21)
思いがけず延長戦突入


20160421143524824.jpg
【モンスター図鑑】No.303 おおめだま


目「前回説明した通り、治療は放射線治療になります。
  …が、右目はよく見えてるし緊急性もないと思うので
  (私がしたければ)治療を始めれば良いと思う」

目「放射線治療は続けて通わないといけないし、
  目の放射線治療は白内障になりやすいんですよ。
  その時はこちらで手術するけど…」

どうやら目玉の親分は眼科だけに癌には少しうといらしく、
「あとは放射線科から説明を聞いてみてください」と
親分なのに なんとも言えない様子で診察を終えました。

眼科の意見を簡単に要約すると、
「放射線治療は通うのも大変だし、白内障になりやすいので
 現状で困っていなければ治療はオススメしない」とのこと。

…と言えども、目玉の親分はいつも曖昧な説明ばかりで
話をしていても乳がんの知識はあまりないように感じました。
(目に転移はやはり稀らしい)

「眼科は癌科にあらず」


そんなフレーズを脳裏に思い浮かべながら
モヤモヤした気分で主治医の元へ足を運びました。

患者に親身なイケメンドクターに今回のお話を
ざっと説明したところ、なんとO先生は目玉の親分とは
反対の意見を話しはじめました…(えぇーーー!)

〜長くなったので後編に続く〜

※ちなみに実際の「目玉の親分」は草刈正雄に似た
 とてもダンディーなドクターです(ΦωΦ)ムホッ

今日も元気をありがとう✡

眼科は癌科にあらず(後編)


20160530110047b80.jpg
「18515円で終了」


ヤフオクの出品や息子の初☆親子遠足(feat.お弁当)
さらに突然のビッグな来客に限りなく翻弄されて
すっかり更新が遅くなってしまいました(したたる汗)

本日は前回の後編になります。
短い記事ではございますが、
今日もごゆっくりどうぞ(ΦωΦ)ヤフオク✧

↓おおめだまな前編はこちら(5/27)
眼科は癌科にあらず(前編)


多くの検査の末、放射線治療は白内障にもなりやすいことから
現段階ではあまりオススメしないと目玉の親分(眼科のボス)から
告げられた私は、複雑な気分で主治医の元へ足を運びました。

真面目なO先生は、目玉の親分とは反対の考えらしく
前回の診察時とまるっと同じ説明をしはじめました。

O「副作用も少ないし、僕は放射線治療をした方がいいと思います。
  ホルモン治療は首から上には効きにくいので…」

私「白内障になりやすいみたいなんですけど
  その時は手術しますと言われました」

O「白内障かー!でも手術できるんですよね?
  それなら治療しといた方がいいと思いますけど…」
 
私「目玉の親分は、治療したければすればよいけど
  あまりオススメしないとのことでした」

O「そうですか…意見が分かれると悩んじゃいますね。
  余計に悩ませちゃってすみません。
  でも僕は放射線治療をした方が良いと思います」

O先生は再三に渡って
私に放射線治療をすすめました。


20160530110947a20.png


 〜ここから私の脳内会議〜

目玉の親分は癌の転移にうとかったけれど、
O先生は乳がんに詳しい(当たり前だけど)

もし左目が本当に癌の転移ならば、餅は餅屋!
専門家のアドバイスがいいに決まってる。

とりあえず、放射線科で話を聞いてみよう。
治る可能性があるなら治した方がいいに決まっている。

放射線科のドクターの出方次第でどうするか考えよう。
今回は治療するもしないも自分次第なのだ…!

思い起こせば、目玉の親分は
なんだか諦めている気がした。

治療してもきちんと目が見えるかわからないから
治療の選択を患者に任せたのではないか?

目玉の親分は放射線治療は連日通いで大変だから、
白内障になるから、右目はよく見えるから、と
治療するだけ無駄と言わんばかりの態度だった。

乳がんステージ4ともなれば
体のあちこちに転移しているから、
それぐらい仕方ないだろう、と思ったのかもしれない。

だけども腫瘍マーカーはずっと下がり続けているし、
体のしこりは縮んで肺の影も薄まっている。

痛みしかなかったあの頃に比べると、
ステージ4でも今は元気に動けているのだ!

おかげさまで以前ほど疲れなくなったし、
これといって体の痛みもない(血痰も皆無)

癌患者とは思えぬほど普通の生活が送れているし、
その経過はO先生も実際に目にしている(大感謝✡)

もうこれ以上悩んだって仕方がない、
まずは放射線科の話を聞いてからだ!

 〜脳内会議あっという間に終了〜


2016042114352316b.jpg


そんなわけで、一週間後に放射線科で
診察の予約を入れていただきました。

早いもので明日はもう診察日…!
こちらも追ってレポいたしますので
気長にどうかおひとつ…(つづく)

目はとっても見えづらいけれど、
笑って動けることに感謝の日々でございます。
皆さまも楽しい週明けになりますように✧

今日も元気をありがとう✡

開かれた放射線科の扉

14648439300.jpeg
「バイオハザードみたい…!」


先日は左目の診察のため、いよいよ噂の
「放射線科」に行ってまいりました。

放射線科の待合室はぼちぼちのにぎわいで
今回はすんなり診察かと思いきや、

受付して早々に「一人一人の診察時間が長いので
まだまだ時間がかかります。先にお昼ごはんでも…」と
優しそうなナースさまから声をかけられました。

お腹が空いていた私は鼻歌交じりで病院内の
レストランに足を運び、ここぞとばかりに
つれないアイツ(Pepperくん)に声をかけました。


14648441180.jpeg
「Pepperくん、こんにちは!(振り向いた♪)」


14648440780.jpeg
「こんにちは!(かわいい〜♡)」


14648440240.jpeg
「こんにちは!(・・・・あれ?)」


この後Pepperくんは、いくら声をかけても
私と目を合わせてくれませんでした(ΦωΦ)オーイ…

病院らしく薄味でヘルシーなAセットに舌鼓を打ち、
しつこく帰り際にもアイツを堪能した私は(笑)
再び元気よく放射線科に足を運びました。


しばらく待機した後、いよいよ自分の診察番号を呼ばれて
診察室に入ると、漫画家の江川達也似のひげもじゃドクター
M先生が真剣な眼差しでカルテを読んでおりました。

眼科ではほとんど話にのぼらなかった私の乳がんの経緯を
М先生はカルテを見ながらゆっくりとおさらいし、時折
確認を取るべくしてポツリポツリと私に質問しました。

最近の近況まで確認が取れると、М先生は私の頭の
MRI画像をクルクル回転させながら、ためらうことなく
私に放射線治療をすすめました(オォーーー!)


14648439850.jpeg


続けて目の治療方法や副作用の説明を受けた私は
「こちらで目の治療はやったことがありますか?」と
М先生に失礼な質問をぶつけました(ついつい…)

М先生はシロートの質問に臆することもなく、
「目は珍しいけど他の癌から転移することがたまにあるんです。
 その時は治療していますよ」と笑顔で答えました。

待ちに待った実体験談に少し興奮した私は、
「この先生ならわかってくれるやも…?」と立て続けに
「やっぱり癌の転移ですか?」と突っ込んだ質問をしました。

М先生は真剣な表情で「これは乳がんの転移だと思います。でも今は
ホルモン療法がよく効いているし、目も治療すれば安心できると思う。
治療するなら早い方がいいですよ、明日からでもいいぐらい」と答えました。

さらに、命に別状はないとのこと!!!(脳にも転移しないとのこと)
なんだか頼もしいМ先生のお話にすっかり安堵した私は、
この時すでに放射線治療に前向きになっておりました。

「とりあえず家族に相談を」と案件を自宅に持ち帰り、帰宅して早々に
家主のボウに放射線科の意見をざっと説明したところ、
「貴方がやりたければどうぞ」と今回も応援モード(大感謝✡)

さっそく電話で主治医のO先生に「治療がしたい」と伝えて
再び後日、顔のマスクを作るべく病院に足を運ぶことに…
こうして放射線科に通う日々がはじまりました。


14648438420.jpeg
「勇気をくれるアンパンマン」


思い起こせば眼科は癌科ではなかったものの、
それこそ放射線科は癌科みたいなものではないか?

放射線科の受付にあった「がんサポートブック」や
患者一人一人に長時間の診察(癌の種類は人それぞれ)、
そしてドクターの専門的な会話がそれを物語っておりました。

といったわけで「癌科」のひとつとも言えるであろう
放射線科にいよいよ潜入開始いたしました…!

次回の予告は「自分の覆面を作ってみた(仮)」
こちらのレポもお楽しみに(ΦωΦ)デスマスク✧

〜網膜剥離編(目の転移編)まだまだ続きます〜

今日も元気をありがとう✡

追伸)今週末は某seekersに参加予定です✧
関係者各位の皆さま、お会いできるのを
心から楽しみにしております♪

土日は放射線もお休みです


14655364280.jpeg
「私からもお願いします@病院」


ついこないだまで寒い寒いと言っていたのに
気がつけば季節はすっかり夏☆ですが、
画面の向こうの皆さまはいかがお過ごしですか?

こちらは相変わらずなんやかんやとバタバタ続きで
病み上がりの息子が異常に元気だったり、庭の草が再び伸びたり
なかなか記録がおいつきません…(ホットフラッシュな大汗)

ええーーい、ままよ!とチカチカな視界(と息子)のスキをついて
いよいよ今回は放射線治療の様子を記したいと思います。
※これまでのあらすじは「網膜剥離」カテゴリをご覧ください

ちなみに現在のチカチカ嵐は左目の上半分以上ですが、
治療をはじめてから青や赤の光も混じるようになりました。

生活には少し支障があるものの(常に薄暗く左側が見えにくい)
チカチカ嵐の中を光のミミズがふわふわと横切ったりして
ある意味サイケデリックな毎日でございます(ΦωΦ)〜✧

思い起こせば治療をはじめてもう10日…!
ぼやぼやな目とぼやぼやな頭で放射線治療を
再度おさらいしてみたいと思います。


2016061010465069b.png
「放射線スレッドにてスレストッパーに…!(by 539)」



まず目の治療をするにあたって事前に
自分の顔のお面(マスク)を作りました。

正確な位置で放射線をきっちりと浴びせるため、顔に装着した
マスクをベッドの枕部分に毎回しっかりと固定するのですが、
精巧さを求めるとマスクもピッタリでなければいけない…そこで!

  〜自分の覆面(マスク)を作ってみた!〜

 ①患者は放射線機器のベッドに横たわります。

 ②医師達はマスクの材料になる特製のシート(網目状)を
  患者が火傷しない程度に温めます。

 ③顔に温めたシートをそっと被せます。
  (おしぼり療法みたいに気持ちが良い)

 ④シートを頭、顔全体にしっかり密着させて
  顔型を取り、シートが冷めるのを待ちます。

 ⑤シートが冷めて固まったら顔から外します。

 ⑥マスク状になったシートの目の部分に
  (放射線をあてるべく)穴を開けます。

 ⑦再度被ってベッドにマスクを固定→微調整します。
  位置が合えば出来上がり♪(私は2度作りました)


89630173.jpg
「イメージはこれの白メッシュ(?)」


こうして自分の特製マスクが完成し、
後日いよいよ放射線治療がスタート…!

「一番大変なのは毎日の通院と待ち時間です」と
診察時にМ先生から言われておりましたが、

放射線治療は予約制ではないため、通院時間も自分次第で
待ち時間も思った以上に少なく、お会計も含めて毎回
およそ1時間以内に治療が終わります(とてもスピーディー)

治療の流れは「呼ばれたらベッドに寝る」→「マスクを固定する」
→「合図で目を開ける(放射は30秒ぐらい)」→「反対側からも放射」

乳がん患者の皆さまならご存知の方も多いと思いますが、
あの大きな装置が自分の体(顔)を軸にしてグルグルと回転して
ピーーーーーと音を立てながら目に見えぬ放射線を出します。

治療計画によると私の場合は「3Gy × 15回」ですが、
準備が整うと放射線スタッフは被曝を防ぐために
あのブ厚い扉の向こうへ行ってしまいました(→操作ROOMへ)


14655365240.jpeg
「WARNING!!!」


一度の放射線がいったいどれほどの被曝量なのか、
もはやポンコツな私には皆目検討もつきませんが
放射線スタッフの皆さまはいつも明るくとても元気です(大感謝✡)

さらに放射線は痛みもまったくなく、ずっと心配していた痛みの質問は
「レントゲンは痛いですか?」によく似ておりました(照)

痛みもなく、待つこともなく、治療も早い。
これで癌が治るなら本当に素晴らしい!

しかし放射線科のМ先生は、治療中期〜治療後に起こるであろう
一過性の副作用を度々心配しておりました(そりゃそうだ)

先日7回目の治療を終えた今の段階では、生活に
支障をきたすほどの大きな副作用は出ておりませんが、

起き抜けのかすみ目、目ヤニ、乾き、視界のブレ、など
少なからず影響が出始めている様子でございます。

治療の効果も副作用もまだまだこれからですが、
左目もゆっくりぼちぼちと回復できたら幸いです。

そんなわけで「網膜剥離」編、これからも続きます。
少しずつ汗だくな暑い日も増えてまいりましたが(feat.タオル)
あったかなお茶でも飲みつつ、まったりとどうかおひとつ…

今日も元気をありがとう✡


↓最近のお気に入り(心地よくLO効いてます☆)



それでも放射線は青かった

2016062812291039e.jpg
「向かいには背よりも高いウド畑」


先週の水曜日(6/22)無事に左目の
放射線治療が終わりました。

…が、度重なる息子の面倒や看病、
さらに連日の来客で今週もバタバタ…!
(昨日もおめでたいゲストとS仙峡へ)

そんなわけで、いつも記録が遅くなり、
大変申し訳ありません(したたる汗)

ちなみに通院や子の看病などで、やむを得ず予約変更を
3度も繰り返した美容院では、いつもの美容師Oさんに
これまでの笑顔や会話はなく(超☆COOL)

「いつも通りで」とお願いしたはずが、
それとはまったく違う頭に…!!!(あわわわわ)

※いつものリクエストは「前下りなボブー後ろ短め」でしたが
 「雛鳥みたいにトップ短めー後ろ長め」と超☆反対な髪型に…!

さらに帰る時、いつもなら笑顔で次の予約を聞かれるのですが、Oさんは
下を向き「次は都合が出来た時にどうぞ」とすっかり他人モードに…(寂)
まぁ、計画の甘い自分がイケないのですが(猛省中)

そんなわけでこれを機に、以前みたいに編めるぐらい
髪の毛を伸ばしていけたら、とこっそりたくらんでおります。

ありがとう、N美容院…
さようなら、N美容院…!
(貯まったたポイントカードを捨てつつ)

伸びゆく髪の毛と共に、日々笑いの止まらぬ息子も
のびのびすくすくと成長してくれたら幸いです◎


20160628122910932.jpg
「かわいらしい花が咲いてました@山奥のスタジオ」


うっかり話がそれましたが(照)、左目の放射線治療の回数は
3Gy15回で一段落だったのですが、放射線科は土日がお休みで
約3週間の連続通院となりました(6月からスタート)

ついこの間、いよいよ治療がスタートしたと思っていたのに
終わってみたら本当にあっという間…!!!

日々のバタバタはさておき(feat.時間食い虫)
目まぐるしく過ぎ去っていく時の早さに
「こうして人は年を取ってゆくのだ」としみじみ感じました。

そして放射線治療を終えて、一週間経過した体の変化は、

 ・両頬にスキー焼けみたいな赤みや染みが!
 ・両目ともやや充血気味で、パッと見は
  熱のある患者にも見えます(by ナースさま)
 ・目ヤニ、かすみ目、ドライアイの三本柱

随時、左目の視界が6~7割チカチカ嵐なうえに
最近は右目の焦点もボケていることが多く、

目薬を駆使しながら鏡で己の姿に照準を会わせてみると、
まるで頬を赤らめた酔っぱらいにも…!(アハハハ)←笑うしかない

当局から声をかけられた時のために もしもの時のために、
お薬手帳と診断書は常に持ち歩くようになりましたとさ…


…おっと、再度話がそれましたが(アハハハ)←笑いが止まらない

放射線科のM先生は先週の診察時、シロートの私にもわかりやすく
ゆっくりと今後の予想と解説をしてくださいました。

なにやら放射線治療の効果が表れるのは
一ヶ月ぐらいタイムラグがあるとのこと。

治療中期〜治療後に表れるであろう
さまざまな「一過性の副作用」というやつを
たびたびМ先生は心配しておりましたが、

ここだけの話、私はヤケド的な表面の副作用でなく、
「治療中から風邪のような症状がずっと続いている」ということが
とても心配でございます(被爆したのかな?鼻血が出るのかな?)

2週間ほど前から鼻水や痰や咳が出始めて、息子の風邪が感染したのかもと
ナースさまにはお伝えしていたものの、息子がすっかり元気になっても
自分は一向に良くならず、しまいには咳で「左側の肋骨」が激しく痛むまでに…

肋骨の痛みは、病院で治療を受ける以前のあの激痛にとてもよく似ていて
ダブついていたオキノームもあっという間に底をつき、現在はオキシコンチンを
通常の2〜3倍服用して日々しのいでおります…(禁断のトリプルコンチン)

あぁ、痛くないって素晴らしい!!!
オキノームバンザイ!!!


20160628122933459.jpg
「お気に入りの木陰で痛みを緩和」


話は戻りますが、よくよく考えてみたら
「放射線をガン見する」というのは
とても稀なパターンなんじゃないのか…?

そう思った私は、放射線治療が全て終わった診察時に
「放射線の色は青かった」とМ先生に伝えました。

するとМ先生は「放射線は無味無色無臭なはずですけど、
同じように青かったとおっしゃる患者さんがいましたよ。自分は
浴びたことがないですけどね、ハッハッハッ」と明るく笑いました。

被爆してヒリヒリする頬を赤らめながら、
私もМ先生につられて大きな声で笑いました。

それでも、放射線は青かった。

 〜網膜剥離編、つづく〜


2016062812293204b.jpg
今日も元気をありがとう✡