子宮体がん検査とフェソロデックス2回目

20160915143727fde.jpg
「息子のお気に入りの歌うにゃんにゃん」



先週はあれやこれやといつも以上に忙しく、
なかなかブログが更新できませんでした。

さらに梅雨入りした暑さのせいか?
それともホットフラッシュのせいか?
(フェソロデックスの効果?)

最近、顔の汗がすごくて(体はそうでもない)
朝から晩までタオルが手放せませんが、
皆さまはいがかお過ごしですか?


先週の金曜日は、息子にとって
生まれて初めてのディズニーランドでした☆
※園の思い出旅行(年長さんは多忙にて)

大切なこの日のために、
新しい子供服を用意したり、

夜なべをして、担当の先生に
お手紙(子の説明書)を書いたり、

いつもより早起きして
子のお弁当をこさえたり、、、と

病院と家事の合間は、息子の旅行の
準備に追われる毎日でしたが、

いろいろなアトラクションに乗って
たくさんはしゃいだようで、園の写真には
息子の笑顔があちこちに写っておりました◎

Y先生をはじめ園の職員の皆さま、
忘れられない素敵な思い出を
本当にありがとうございました!



201906221536025114.jpg
「TDSは七夕祭りだった模様」




そして先週の通院の様子ですが、
月・水・金と(パートさんのように)
いつもの大学病院へ足を運びました。

まず月曜日は婦人科へ、
2週間ぐらい前に不正出血が続いたため、
子宮体がんの検査を受けてまいりました。

初めての検査だったので、事前にネットで
下調べしていたのですが、子宮体がんの検査は
大人でも悲鳴をあげるほど痛いとのこと…

(大丈夫、私には
オキシコンチンがついている)

心の中で念仏のように繰り返しながら、
私は診察室へ向かいました。


さっそくホルモン治療と不正出血の話をすると
婦人科/H田先生は、私がこれまで一度も
子宮がん検査をしたことがなかったことに驚き、

「生理があれば子宮になにか問題があっても
出血で流れて済む場合が多いですが、閉経してる人は
問題がある場合に内部へ滞りやすいんです」

「ノルバデックスを飲んでいる期間が少しあるし、
定期的に子宮がんの検査も受けた方が良いですよ」

…みたいな説明をしてくださいました。
(マスク越しの早口でやや聞き取れず)


診察後すぐに検査室へ移動して、久しぶりに
婦人科の↓あのイス↓にも座わりましたが、


medical_naishindai.png



看護師さんの優しいガイドで緊張もほぐれ、
リラックスして検査を受けることができました。

お腹の上のカーテン越しから
「ちょっと痛いですよー」
「はい、力を抜いてー」

…とH田先生の声に従っているうちに
すんなり検査は終わりました。

6年前に自然分娩しているからか?
それともオキシコンチンが効いていたのか?

お腹に鈍い痛みが2、3回あったものの、
予想と違ってそこまで激しい痛みでもなく、
検査時間も5分ぐらいだったと思います。

※数日間は出血の恐れあり、
 検査当日はお風呂禁止

子宮体がんの検査は死ぬほど痛いと
巷で恐れられておりますが、

痛みにも個人差があり、私みたいに
そこまで痛くない人もいるようです(実話)

子宮体がんの検査結果は2週間後、
こちらも追っておしらせいたします。



ちなみに、これまでの人生で
私の「痛かった」ワースト3は、

1位 出産(陣痛から分娩まで激痛の波が)
2位 複数の肋骨骨折(息をするのも痛い)
3位 眼球の注射(注入時がなにげに痛い)

ハードな抗がん剤のつらさをまともに
味わったことがない私は、痛みランキングも
まだまだ序の口に思えますが、

(閉経時に使用したエンドキサンは
比較的マイルドなお薬でした)

水曜日の外科の診察では、主治医O先生に
「どうせやるなら元気なうちに」と
抗がん剤の相談もしてまいりました。



20160805110656baa.jpg




外科の診察が始まると、O先生は「ブログ見ましたよー」と
ニッコリ笑って(お忙しい中、いつもありがとうございます)

今日は空いているので、聞きたいことがあればなんでも
どうぞ、とゆっくり質問に答えてくださいました。


〜以後質問がつづく〜

Q.どれぐらいホルモン治療が続けられますか?

A.フェソロデックスは前回のブログ記事通り
(アストラゼネカ社の発表通り)で、使用期間の
平均も16.6ヶ月で合ってます(あとは個人差〜)

Q.ホルモン治療を長引かせるために
分子標的薬は早い方が良いのでしょうか?

A.分子標的薬を使用した方がホルモン治療の
効き目が長いです…が、副作用のこともあるので
あわてなくても良いと思います(→検討BOX入り)

Q.ホルモン薬の耐性について、
一度使った薬はもう二度と使えないのですか?

A.強い抗がん剤の後、再びホルモン治療が
始められることもあります(実際に治療中の方も)


po-CcWKx_400x400.png
「リアル版アスクドクター」




さらにO先生が計画していた飲むタイプの
抗がん剤はなんと…!私の予想通り「TS-1」
(まぐれでなんとなく当たりました)

TS-1をネットで調べたところ、乳がん以外の
患者さんも延命治療で使用しているお薬のようで、

毛も抜けず、副作用が少なめの
マイルドな抗がん剤とのことでした…

…ここまで説明を受けた私は、

体が弱って治療できなくなったら元も子もない、
やれるなら元気なうちにやっておきたいと、

これまで避けがちだったハードな抗がん剤も
治療の視野に入れてほしい旨を伝えました。

「今は元気なので、ハードな抗がん剤も大丈夫です。
もし抗がん剤を使うなら元気なうちにやりたいです」

思いがけない患者の声にO先生は少し驚きつつも、
「手数が増えました」とまんざらでもない様子で
私はこの選択が間違っていないような気がしました。



medical_anzen_cabinet_kouganzai.png
「抗がん剤の管理はしっかり入念に」




そして最後に、余命3ヶ月のガンが治ったと噂の
犬の駆虫薬「フェンベンダゾール」のことも質問して
(もちろんO先生は皆無でしたが)←検討BOXへ

この日も無事にフェソロデックスの
2回目を終えました。

注射時に痛みはとくになく、今は
患部に少しかゆみがあるぐらいですが、
こちらも個人差が大きいようです。


2週間前のフェソロデックスで
限度額がいっぱいになっていたので、
お会計はこの日も¥0ー(今月は支払いなし)

高価なお薬が無料になったみたいで
少しお得な気分になりましたが(大感謝)

次のフェソロデックスは4週間後、
また状況を追って報告したいと思いますーー


ーーすっかり長くなってしまいましたが、
(まめに書き留めておりました)

この調子だといつまでも更新できないので、
ここらへんでいったん締めたいと思います。

話がまとまらず、大変申し訳ありません。
皆さまも何卒ご自愛くださいませ…!

今日も元気をありがとう✡️

〜つづく〜

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://assabocco.jp/tb.php/317-998ee163