針を乗せた4日後、目に針が刺さる

春の陽気が心地よい毎日ですが、
皆さまはいかがお過ごしですか?

春といえば花見、
花見といえばお弁当、
お弁当といえば「ささみフライ

私は過剰な油が苦手なため、
(トンカツの脂身なども苦手)

お肉の中ではダントツで
ささみ」が好きです。

ささみの天ぷらや
ささみチーズフライ、
ささみときゅうりの梅和え…などなど

お肉なのにサッパリしていて
お肉なのにお魚のツナみたいな、

そんな「ささみ」が大好きです!

さ・さ・み!

さ・さ・み!
(突如沸き起こるささみコール)


↓ささみの筋取りはこちらをどうぞ





ささみの美味しさはさておき、先日は風が強く吹く中
外科と眼科の診察を受けにいつもの大学病院へ足を運びました。

相変わらずちょうど良い時間のバスがなく、
ひと休みできるくらい早めに病院へ到着した私は、

以前ペッパー君が勤めていたレストランで
簡単に昼食を取り(お手頃なAランチ)
さっそく小ビーカー4本分の血を抜きました(検査用)

注射痕を押さえながら一階に下り、
のろのろとした足取りで外科へ向かうと
たくさんの患者さんが待合室に座っておりました。

ファイルを提出して椅子に座り、お日様を浴びながら
スマホをいじること15分〜、
食後すぐということで急激な眠気が…!

定期的にドクター達からアナウンスされる
患者番号の呼び出しに聞き耳を立てつつも、

すっかり眠気に負けてしまった私は、迂闊にも
椅子に座ったままグッスリと眠ってしまいました。




IMG_1285.jpg
「これで560円也(お手頃!)」




ハッと意識を取り戻し、時計を見ると
なんと!あれからすでに
1時間以上経過しており、

さらにそれからも長いこと
自分の番号が呼ばれず…

「もしかしたら寝てる間に…?」

不安な気持ちとすまない気持ちで
いっぱいになっていたところ、
ようやく自分の番号が呼ばれました。

(2回目の呼び出しだったらどうしよう)

申し訳ない気持ちでドアをノックすると
主治医O先生も申し訳なさそうな顔をして
「大変お待たせしてすみません〜」と一言、

「こちらこそ!」とうっかり寝てしまったことを
詫びながら診察が始まりました。

今回の血液検査の結果は
「風邪みたいな状態」

他に目立ったこともなかったことから、
イベント明けの疲労ということで話は終わりました。



IMG_1275.jpg
「刺激的だったJIKKENTEKI」




処方箋を出してもらいながら
「今日は忙しいんですか?」と聞いてみると

今までの中で最高に混んでます!と
少し困った表情で患者さんのファイルの束を
見せてくれました(お疲れ様です)

せっかくだし、とイベントの写真をチラつかせ
少しだけ現実逃避のお手伝いをすると、

「すごい音が鳴るんでしょうねー!」と
楽しそうな笑顔で話を聞いてくださいました。

(この場を借りて)穏やかで話のわかるO先生、
いつも親身になってくださり、ありがとうございます。
お忙しいと思いますが、陰ながら応援しております(大感謝)




IMG_1287.jpg
「今回もきりのいい番号でした」




なんとか外科の診察が終わり、
時計を見ると時はすでに3時!

もう1時間以上オーバーしてる!と
足早に眼科へ向かうと、待合室は
相変わらず患者さんでいっぱいでした。

さっそくファイルを提出し、
椅子に座ってスマホに目を向けていたら
早々に自分の番号が呼ばれました。

眼圧と視力を計り、瞳孔が開く目薬をポトリ、
薬が効いた頃に眼球の写真撮影をして
再び外の待合室で呼ばれるのを待っていましたが、

ふと「今日は目に注射かも…?」と
前回の診察のことを思い出しました。

1週間前に来た時はレーザー治療が中止となり、
それでは注射を打とうかと迷ったのですが、

(露骨に嫌な顔をしたからか?)
注射は見送りとなっていたのです…

…てことは今日か?
(2ヶ月以上経過したし)

やっぱり今日よね…(怖)

あぁ、どうか痛くありませんように!!!

心の底からそう願っていたら、
自分の番号が呼ばれました。




megusuri_akkanbe.png
「目薬が手放せない毎日」




私にはオキシコンチンがついている、
そう心の中でくりかえしながら診察室へ向かうと、
F先生が満点の笑顔で出迎えてくださいました。

予想通り、今回は注射を打ちましょうとのことでしたが、
事前に心構えができていたせいか、今回は冷静に
現実を受け止めることができました。

たわいもない話をしているうちに
不安も吹き飛び、さっそく処置室へ、

F先生は手慣れた手つきで目を固定させる器具をはめ、
麻酔や抗生剤の目薬を左目にたっぷり流し込みました。

↓目の痛くなる過去記事
めでたいけれど目の痛いお正月


2度目ともなると少しだけ痛みにも慣れ、
手に汗は握ったものの、初回と違って
注射中に「痛い」とも言いませんでした。

さらに治療が終わってから
ありがとうございました、と心から御礼を言い、
またお願いします、と治療に前向き(な風)な意見も言えました。

すごく痛かったのに(あんなに嫌だったのに)
笑顔でおかわり希望できるなんて、
私も大人になったなぁ…

しみじみ思いながら、バスに揺られて
この日も帰宅いたしました(feat. ポケモンGO)



smartphone_map_app_woman.png
「地図上にモンスターが現れます」




そんなわけで、今回の診察も
なんとか無事に終わりました。

問題の左目は相変わらず
ザルを被ったような状態ですが、

「餅は餅屋!」

目のこともプロの専門家におまかせして、
自分はやれることに専念したいと思います。
(楽器の演奏や多肉植物の水やりなど)

ちなみに左目の注射は
なんとも不思議なことに2回とも、
イベント明けの「4日後」でした(謎)

「レコードに針を乗せた
4日後に目に針が刺さる」

…となると、次のセレクターの出番は
今から2ヶ月後ぐらい??
(4/29は新宿Openへどうぞ♫)

目の注射は2ヶ月に一回ですが、
どうかなるべく早く
目の治療が終わりますように☆

そしてまた刺激的なサウンドシステムで
セレクターの出番がやってきますように☆

今日も元気をありがとう✡️


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://assabocco.jp/tb.php/311-d18d9a2a