痛みを知リました


他のブログみたいに記事一覧をトップに貼りたいのですが
fc2のカスタマイズはなかなかむつかしいですね
(いや、眠れぬ夜の暇つぶしには最高です)

たくさんのブログ民が集う某「ブログ村」を徘徊すると
雨風呂率が非常に高く(勝因は使い易さと見易さか?)

なんだか飴風呂がiphone、fc2がgalaxyみたいに感じますた
※5月にiphoneを落としてからすっかりgalaxy派です(カスタム☆)

201509141332347fc.jpg
 ↑ポチッとしてもなんにもなりません
   (まだ非村民です)



…そんなわけで(?)今でこそ、こんなに元気な私ですが
実は医療麻薬を使用し始めたつい6月ぐらいまで
背中や肋骨、左足などの激しい痛みに一生懸命耐えていました

痛みの原因が癌の痛みだったのかは不明ですが、
24時間どんな時も様々な痛みがつきまとい(寝ても覚めても)

その痛みは、どのペインクリニックに行っても
さほど良くなりませんでした
(ブロック注射通院は高いくせに痛みがひどくなりました)


あの頃はあちこちが痛くて疲れ気味の自分が
すっかりデフォルトになっておりました

今思えば、まさしく癌患者の
イメージそのものだったのかも…?(ガクブル)

20150914204650131.jpg


そんなつらい日々がおよそ2年ほど続きましたが
医療麻薬の登場によって苦痛はあっさりと消え去りました

初めてオキシコンチンを飲んだ時なんぞは、
あまりの体の激変に感動すら覚えました
(もう治りました!と主治医さまに宣言しちゃったくらい) 


痛くないってほんとに素晴らしい!



…といったわけで、痛みのコントロールとQOLが深く密接しているのを
身を持って体験いたしました(物事も通常に考えられます)

癌患者の皆さまだけでなく、世の中の誰しもが
痛みや苦しみのない生活を送れるよう心から願っています

いつも元気をありがとう(心の底より)


関連記事

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する