肋骨いててててっ(怒)

424585_139034252905988_1531371613_n.jpg
「元気だった5年前の私@某寺」



ホルモン治療の影響か?私の中のおじさんが、
ここ最近すっかり「おじいさん」化してしまい、
時折訪れる激痛に癇癪を起こすようになりました…

さっきまで息子とニコニコ笑っていたのに、
ふとした拍子に大魔神の如く「癇癪じいさん」が登場!
そして「いててててー!クソーーー!」と激怒ぷんぷん丸…

私の場合、痛い時はなぜか怒りがこみ上げてくるので
くれぐれも周囲にやつあたりしないよう気をつけているものの、
痛い時はどうしても感情のコントロールが難しくなってしまいます。

そして私の中の「癇癪じいさん」が表面に出てしまうわけですが、
彼は「怒りエネルギー」で痛みと真っ向勝負しているため、
基本的に話もままならず、いつも罵声ばかりの困ったさんなのです。

しかし病人の私からすると「癇癪じいさん」は怒りを持って
痛みを忘れさせてくれる心強い存在でもあります…(きっと)

 癇癪じいさんがいてくれて良かった
 いつも気をそらしてくれてありがとう
 (そして家族の皆さま、驚かせてスミマセン)


そんなわけで、今までの私の経験からわかることは
確実に現在、いつもの左側の肋骨が
ヒビまたは骨折をしております(実話)

「オキノームバンザイ!」な
激しい痛みもさることながら、
(今日もバッチリ効いてます)

布団の上げ下ろし、洗濯物を干す、お茶碗を洗う、
息子の抱っこなど、なんてことのない日常の動きが
今やすっかり大変な事態になっているのです…(大汗)


  −−−先日の猫耳(10/15)−−−

 ①痛みをこらえて「よいしょ!」
    ↓
 ②メキメキメキッ(←実際に鳴っている)
    ↓
 ③「ヒーーーッ(怒)」(癇癪じいさん登場)
    ↓
 ④しばし患部を安静に、最初に戻る(くり返し)


流石にいちいち癇癪じいさんを降臨させるのも疲れたし、
ここはいっちょ【オキノーム】でも飲んどくか…

…と、頓服のオキシコンチンを飲んだ後は痛みを忘れて
調子が上がるせいか、いつもと同じような動きを
ついついしてしまって、再び「いてーーーー!(怒)」

動かせば痛いとわかっているものの、3歩あるけば
忘れてしまう鳥の如く、バカみたいに
先ほどのアレをくり返しておりました…(反省中)



2015112101561110e.jpg
「まるでこれみたいに」



骨を強化しているであろう【ゾメタ】を
定期的に点滴している私には、こういった時
安静にしている以外に治す手立てがありません。

今や慢性的に痛みの伴う、左側の肋骨(胸の下あたり)は
場所が場所だけにギブスがあるわけでもなく、せいぜい
患部に湿布が貼れるくらい…(コルセットは装着済)

痛み止めのおかげで痛みレベルは抑えられているものの、
時折走る激痛信号は「息を吸うだけでも激痛」だったあの頃の
痛みに大変近く、これ以上悪化させたらテラヤバス…!(怖)

一度復活した骨は強くなるらしいので、ここはなんとか安静を
心がけて、じっくりと回復を待ちたいところでございます。

 あーー、何もしないでいたい!(心より)

しかしながら何もしないでいられるなんて
小さな子供のいる私には夢のまた夢…

乳がんステージ4でも、
体に激痛が走っても、
躁うつ病を発症しても、

昔のようにゆっくり休んでいられない私は
日々修行としか思えない時もチラホラ…

そんな時は念仏のように「早く楽になりたい」と辛辣な
独り言をつぶやきつつ、目先の作業に没頭しておりますが、
「楽になりたい=死にたい」ではございません(ΦωΦ)✧

「楽になりたい=体が楽チン」の「楽」ですので、
どなた様もお間違えのないよう…(特に体内の癌細胞へ)


 〜痛い時こそ明るいイメージを〜

そうね、見晴らしの良い場所に行って
世界遺産の富士山でも拝みましょう♪

…と先日は家族総出でいつもの寺に足を運んだものの(温泉経由)
そこには故・和尚以外は誰もおらず、庭から見える富士山も
どんよりした雲で顔を隠しておりました。

「天気は微妙だけど、ここ(寺)はやっぱり気持ちいいね」と
息子と広い敷地を駆け回ったり、大きな声で歌ったり、
不思議な草花を観察したり、標高の高い空気を深く吸いこんだり…

…気がつけば、今回も思いのほか
リフレッシュしておりました(感無量)



20161015204116ab2.jpg
「誰もいないお堂」



201610152041176f8.jpg
「あいにく富士山も雲隠れ中」



20161015204218e83.jpg
「すっかり大はしゃぎの息子」


【イメージは現実に】【病は気から】

体の痛みが気になる際は、できる限り気をそらして
心地良いイメージで痛みを緩和していきましょう。
この世の痛みが泡のように消えてなくなりますように✧

皆さまもあわてずにぼちぼちと…(安静中)
この後も引き続き、楽しい休日をお過ごしください。

今日も元気をありがとう✡


※コチラは先日の秋の原点MIX 「ぴんくとみどり」


不治の病より富士の山

 
 いつも一緒にいたかった 
 隣で笑ってたかった


そんな懐かしいフレーズが
思わず脳裏をかけ巡っております…(涙)

というのも、大切な相棒のタブレット【Xperia】が、
現在「液晶漏れ状態」なのでございます…(号泣)

画像を見れば一目瞭然と思いますが、
液晶か漏れた辺りは何重にも液体が滲んで
画面の端から少しずつ黒い影が…!



20161012215638830.jpg
「ある日、突然、右下に」



201610122156376d1.jpg
「ゆっくりじわじわ進行中(マンガも)」


…むむ?
これってどこかで見たことあるような…?

…はうっ!

これはまさしく「網膜剥離
そのものではないか!!!
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



201610122156346fd.jpg
「おわかりいただけたであろうか…(呪)」



しかも不思議なことに、Xperiaの黒い影は
左目の網膜剥離が治ってくるのと同じ位のペースで
ゆっくりじわじわと広がってきております(実話)

もしかして…?
もしかしたら…?

相棒のXperiaは自ら私の身代わりとなって
短い命をまっとうしようとしているのやも…?(大号泣)

 ありがとう、Xperia
 さようなら、Xperia…!
(ここで♬ドナドナが流れる)

※すべて躁うつ病患者 猫耳のイメージです

…といったわけで(まだお別れは早いですが)
今年の誕生日はぜひ、アップル社のiPad Airあたりを
リクエストしてみようと思います♡→隣から高いとヤジが(笑)

短い間にも思い出がいっぱいな
Xperiaの過去記事はこちら↓

当たるも八卦、当たらぬも八卦(2015-11-04)
宇宙のチリになりつつ(2015-11-11)



20151111071356634.jpg
「実はリコールの噂も(修理も検討中)」


〜タブレット 一辺撫でたら 止められない〜

近眼・乱視・プチ老眼・プチ網膜剥離の私は、
画面が小さなあの頃にはきっと戻れないことだろう…

…と、久しぶりにiPhone4sにも手を伸ばしてみたところ、
予想以上に綺麗でサクサク✧(旧型なのに)

ふと私は思い出しました。

iPhoneとAndroidは、MACとWINDOWSの如く、
同じようでまったく異なるということを!(衝撃2016)

やっぱりアップル社よね…
(猫耳、40代の浮気心)



apple-logo-history-e1426134340234.png
「某りんご社のロゴの歴史」




話は変わりますが、本日は保育園に提出する
診断書(とオキノーム)をゲットすべく、
いつもの病院へ足を運んでまいりました。

診断書の内容は去年と同じようで同じでなく、
今までの項目に左目転移の件もプラスされて、

実際の私の姿とはだいぶ程遠い、重病患者の
診断書のような仕上がりになっておりました(しみじみ)


20151105165527f40.jpg
「まるで重病患者のソレ」



この調子でいつまで生きられるかわかりませんが、
絶賛延命中の私はおそらく死ぬまでずっと
いつもの病院へ足を運ばねばなりません…(遠い目)

「もう治らない=不治の病」

まおちゃんもブログでそんな話をしておりましたが、
私も一昨年、主治医のO先生から重々しく
「もう治りません」と言われたことがあります。

この頃は頭が混乱して、O先生の言っている
意味がよくわからなかったけれど(The パニック)
知恵がついた今ならなんとなく言っていることが理解できます。

「全身に転移している時点で、常に治療をしていないと、
 どこかしらの芽が出てしまう」

これは増えゆくしこりの頃に身を持ってわかったし、
現在もこれからも、ずっとその状態が続くということも
なんとなく身を持って理解しております…

 だから延命という言葉を使うんだ。
 だから死ぬまで通院なんだ。

 「不治の病は医者でも治せぬ」と
 昔どこかで聴いたっけ…

帰りのバスに揺られながら、そんなことを考えていたら
夕焼けの向こう側に富士山が顔を出しているのが
ハッキリ見えました(アッパレ!)

 どっちだっていいじゃないか
 今は生きているんだから
 

そう言って、日本一プライドの高い富士山が
ちっぽけな私を勇気づけてくれた気がいたしました。

必死に考えて答えが出ないなら
いっそのこと忘れてしまえばいい

(悩むだけ無駄団スローガン)

アッパレ!フジヤマ!(ゲイシャ☆)

といったわけで、不治の病より富士の山✧
これからも希望を高く持ってまいりましょう(ΦωΦ)つ↑

今日も元気をありがとう✡


54112_0001148224_1.jpg

ピカーーーッ!(その手があったか)

20151013091657a32.jpg
「昨年の原点うさぎブース」


アーッハッハッハ!
(↑ボウが見てるテレビの音)

♪ドンシャンドンシャンドンシャン
(↑保育園から聴こえる園児達の大演奏)

こちらはーーぼうさいーーほうそうーー
(↑警察や市役所のお知らせ放送)

ボウ「それで○○が□□して△△△らしいよ?」
息子「キャハーーッ!クワックワッ」(私の袖を掴みつつ)

…しゅ、集中できない!

(私は聖徳太子ではございません)

そんなわけで、相変わらずバタバタしていて
更新が遅くなりましたが、前回の続きでございます。

いつも途切れ途切れで息も絶え絶えですが(feat. 空咳)
今日も生暖かい目でどうかおひとつ(ΦωΦ)コホコホッ


前回の診察の様子(2016/9/30)
効く?効かない?ルミナールAと抗がん剤


20151002134155bb8.jpg


−−−現在やっているホルモン治療薬が効かなくなったら
  生涯にわたって体を閉経状態にさせ、いくつかの
  「閉経後ホルモン治療薬」を順繰りに使用していく−−−


再び腫瘍マーカーが上がり続けていることから、
そういった裏ワザ的な治療案件を主治医さまから
いただいているところなのですが、

体を永久に閉経状態にさせるために「エンドキサン」
(抗がん剤)の使用を検討しております。

前回、ルミナールAの私が疑問に感じたことを
思いきってブログに投げかけたことが功を奏して、
乳がんアドバイザー(のような存在の)じゅんさまから、

抗がん剤の効き目も人それぞれということ
(オンコDX☆)さらに
放射線で閉経させる方法があることまで教えていただきました。
(じゅんさま、いつも的確なコメントをありがとうございます◎)

ここ最近の私は、左目の放射線治療 or 効果に驚かされて
思わずブログ記事にしてしまったぐらいなので(テラヤバス☆)
そのお話は思いがけなく嬉しいお知らせでもありました。

順調に左目が快復してきている今、一時は失明を覚悟していた
網膜剥離の私からすると、今時の放射線技術はとても素晴らしく、
まさしく「未来は今」な現代医学にも思えるのです✧

もちろん放射被爆による副作用や後遺症は怖いですが、
それも個人差があってまだまだ未知の領域…
(しかも治療というより閉経させるための被爆…)

そこらへんは考えても考えても答えが見当たりませんが、私にとって
放射線科の通院、治療はそれほど苦痛ではなく、現在はこれといった
副作用や後遺症も見当たらない状態でございます…(経過観察中)

うーむ、一度相談してみてもいいんじゃないかしら?


14664003460.jpeg
「重厚な扉の向こう側には…!」


O先生はホルモン治療の新たな方法を説明しながら、
「でもエンドキサンは今よりも強い副作用が…」と
心配そうに眉をひそめておりました。

それならば!!
思いきって放射線をピカーーー!もいいのでは?
(私はいたって本気であります✧)

この件をさっそく家主のボウにも相談してみたところ、
「今までの治療の流れを考えたら、放射線でも良いんじゃない?
 ここまで来たら抗がん剤は避けてみたら」とのこと。

ぜひ今度の診察日(=自分の誕生日=マツコさんも誕生日)
主治医のO先生、そして放射線科のひげもじゃ М先生にも
ゆっくりその件を相談してみようと思います◎

皆さま、ポンコツな私に趣深く親身なご意見を
いつも本当にありがとうございます(大感謝✡)


そんなわけで、今はまだまだノルバデックスと
ゾラデックスのがんばりに期待をこめておりますが、

今週末は息子の保育園で秋の運動会が…!(その後は秋の原点も)
まおちゃんも無事に運動会へ参加できたら良いですね。

心地よい秋の風を堪能しつつ、今週もまったりとマイペースで…
皆さまも楽しい秋時間をお過ごしくださいまし(ΦωΦ)サンマ♬

今日も元気をありがとう✡


201510081540416b1.jpg