それでも放射線は青かった

2016062812291039e.jpg
「向かいには背よりも高いウド畑」


先週の水曜日(6/22)無事に左目の
放射線治療が終わりました。

…が、度重なる息子の面倒や看病、
さらに連日の来客で今週もバタバタ…!
(昨日もおめでたいゲストとS仙峡へ)

そんなわけで、いつも記録が遅くなり、
大変申し訳ありません(したたる汗)

ちなみに通院や子の看病などで、やむを得ず予約変更を
3度も繰り返した美容院では、いつもの美容師Oさんに
これまでの笑顔や会話はなく(超☆COOL)

「いつも通りで」とお願いしたはずが、
それとはまったく違う頭に…!!!(あわわわわ)

※いつものリクエストは「前下りなボブー後ろ短め」でしたが
 「雛鳥みたいにトップ短めー後ろ長め」と超☆反対な髪型に…!

さらに帰る時、いつもなら笑顔で次の予約を聞かれるのですが、Oさんは
下を向き「次は都合が出来た時にどうぞ」とすっかり他人モードに…(寂)
まぁ、計画の甘い自分がイケないのですが(猛省中)

そんなわけでこれを機に、以前みたいに編めるぐらい
髪の毛を伸ばしていけたら、とこっそりたくらんでおります。

ありがとう、N美容院…
さようなら、N美容院…!
(貯まったたポイントカードを捨てつつ)

伸びゆく髪の毛と共に、日々笑いの止まらぬ息子も
のびのびすくすくと成長してくれたら幸いです◎


20160628122910932.jpg
「かわいらしい花が咲いてました@山奥のスタジオ」


うっかり話がそれましたが(照)、左目の放射線治療の回数は
3Gy15回で一段落だったのですが、放射線科は土日がお休みで
約3週間の連続通院となりました(6月からスタート)

ついこの間、いよいよ治療がスタートしたと思っていたのに
終わってみたら本当にあっという間…!!!

日々のバタバタはさておき(feat.時間食い虫)
目まぐるしく過ぎ去っていく時の早さに
「こうして人は年を取ってゆくのだ」としみじみ感じました。

そして放射線治療を終えて、一週間経過した体の変化は、

 ・両頬にスキー焼けみたいな赤みや染みが!
 ・両目ともやや充血気味で、パッと見は
  熱のある患者にも見えます(by ナースさま)
 ・目ヤニ、かすみ目、ドライアイの三本柱

随時、左目の視界が6~7割チカチカ嵐なうえに
最近は右目の焦点もボケていることが多く、

目薬を駆使しながら鏡で己の姿に照準を会わせてみると、
まるで頬を赤らめた酔っぱらいにも…!(アハハハ)←笑うしかない

当局から声をかけられた時のために もしもの時のために、
お薬手帳と診断書は常に持ち歩くようになりましたとさ…


…おっと、再度話がそれましたが(アハハハ)←笑いが止まらない

放射線科のM先生は先週の診察時、シロートの私にもわかりやすく
ゆっくりと今後の予想と解説をしてくださいました。

なにやら放射線治療の効果が表れるのは
一ヶ月ぐらいタイムラグがあるとのこと。

治療中期〜治療後に表れるであろう
さまざまな「一過性の副作用」というやつを
たびたびМ先生は心配しておりましたが、

ここだけの話、私はヤケド的な表面の副作用でなく、
「治療中から風邪のような症状がずっと続いている」ということが
とても心配でございます(被爆したのかな?鼻血が出るのかな?)

2週間ほど前から鼻水や痰や咳が出始めて、息子の風邪が感染したのかもと
ナースさまにはお伝えしていたものの、息子がすっかり元気になっても
自分は一向に良くならず、しまいには咳で「左側の肋骨」が激しく痛むまでに…

肋骨の痛みは、病院で治療を受ける以前のあの激痛にとてもよく似ていて
ダブついていたオキノームもあっという間に底をつき、現在はオキシコンチンを
通常の2〜3倍服用して日々しのいでおります…(禁断のトリプルコンチン)

あぁ、痛くないって素晴らしい!!!
オキノームバンザイ!!!


20160628122933459.jpg
「お気に入りの木陰で痛みを緩和」


話は戻りますが、よくよく考えてみたら
「放射線をガン見する」というのは
とても稀なパターンなんじゃないのか…?

そう思った私は、放射線治療が全て終わった診察時に
「放射線の色は青かった」とМ先生に伝えました。

するとМ先生は「放射線は無味無色無臭なはずですけど、
同じように青かったとおっしゃる患者さんがいましたよ。自分は
浴びたことがないですけどね、ハッハッハッ」と明るく笑いました。

被爆してヒリヒリする頬を赤らめながら、
私もМ先生につられて大きな声で笑いました。

それでも、放射線は青かった。

 〜網膜剥離編、つづく〜


2016062812293204b.jpg
今日も元気をありがとう✡

事実は小説より喜なり

14664863220.jpeg
「彼が休んでいるのを見たことがない」


本日も外はすっかり夏日和でしたが、
皆さまはいかがお過ごしですか?(夏バテ注意)

こちらは朝から息子の保育参観に出席して
そのまま放射線治療のため病院に直行(明日ファイナル)

病院から帰宅して早々に無邪気な息子の相手をして
ようやく現在ソファーに腰を下ろしました◎

あぁ、今日も慌ただしかった…!
(猫耳、魂の叫び)

そんなわけで、この間の週末は思いがけず、
ブログ村村民のshalakiさまと合流…!

↓緊張がうかがえる前回の記事(6/19)
百聞は一見にしかず(いざオフ会)


彼女はスラリとした外見もさることながら
話し方も丁寧で、物腰もやわらかく(時に愉快で)
どことなく品のある優雅なマダムのように感じましたが、

生活環境が人を変えるのか?話がはじまると
どこか少し不思議な雰囲気で(そこがまた趣深く)

オリエンタルな彼女の雰囲気に魅了された私は、
再び異次元の扉を開くべくして(?)朝から家族総出で
駅前のゲストハウスに向かいました。

一階のバーカウンターで朝食のホットサンドを
美味しそうに頬張っていたshalakiさまを
ピックアップして、我々はさっそくH温泉へ…!

空が少し雲がかっていたものの、この日も
H温泉はとても見晴らしが良く(あぁ、絶景かな✧)

日曜らしく朝から人の多さは目立ったものの、
あちらこちらに点在する温泉に人々は難なく収まって、

大きな岩で仕切られた広めの露天風呂は、
あちこちの岩が程よく目隠しにもなって
まるで貸し切り風呂のような気分になりました◎


maxresdefault.jpg
「これぞまさしく極楽浄土…!(feat.shalakiさま)」


日頃たびたび温泉に通ってはいるものの、息子はいつも
父ちゃんと男湯に入るため、女湯は私一人が多いのですが、
この日は珍しく隣にあのブログ友達が…!

露天風呂に浸かりながら楽しくおしゃべりしていると
彼女の背景に広がる雄大な景色も相まって
再び私は夢を見ているような気分になりました(白昼夢)

めったにない乳がん仲間との温泉だというのに
病の話はあまり出ず(笑)会話はバラエティーに富んでいて、
私からすると、それもまた心身共に癒やされました(大感謝✡)

楽しい時間はあっという間…

とても名残り惜しいけれど、この調子だと電車の時間が…と
チラチラ時計を見ながら、急いで温泉から上がって体を拭き、
さらにチラチラ時計を見ながら駅まで車を飛ばしましたが、

つい温泉でのらりくらりとしていたせいか、
電車(特急)の時間が「24」ばりにギリギリに!(あわわわわ)

湯上がりホヤホヤなshalakiさまは、車が駅に到着すると
「ほんとにありがとう!また!」と眩しい笑顔で私にハグをして、

スーツケース片手に颯爽とホームに消えていきました…
(塀の上から「間に合ったよ〜!」とハンカチ?もチラリ)

…あぁ、あれは夢ではなかろうか?!


2016062110144990d.jpg
「夢ではありませんでした(素敵なおみやげの数々)」


といったわけで、私の初めてのブログ村オフ会は、
予想以上に予想外な展開となりました(しみじみ)

「見えないなにかが、私達を結びつけた」
そんなセリフがよく似合う、とても奥深いオフ会でした。
shalakiさま、素敵な時間を本当にありがとうございました!

家族総出でインドに行ける日を夢見つつ、
神様と不思議なご縁にも感謝しつつ…

今日も元気をありがとう✡

※本日のエスニックなBGM(時が経つのは早いもの…!)


百聞は一見にしかず(いざオフ会)

b0336962_03144864.jpg
「サイコパスなカラスではありませんでした(照)」


先日ブログ村/村民のお仲間shalakiさまから
こっそりびっくりなメッセージを頂きました。

メッセージを開くと、インド在住の彼女は
なんと現在日本に帰国中とのことで
もしよかったらお会いしましょうとのこと…!

しかしながら、このメッセージを見た時に
私は少し躊躇いたしました(緊張と興奮も)

こ、これって世間の言う
「オフ会」というやつではないか!!(大汗)

今まで私は画面の向こう側の人には
一度も会ったことがありませんでした。

…いや、実際に話したことのない友人の友人と
(音楽活動の延長で)メールやSNSで頻繁に繋がり、
イベントに待ちあわせたことが少しだけございます。

初対面といえども、お互いの好みまで知っていると
会って早々にDEEPな話に花が咲き、どの人も
初めて会ったような気がしませんでしたが、

無事にshalakiさまと合流すると、その時と同じように
あっという間にDEEPなお話で盛り上がり(サスペンス有✧)
やはり彼女とも初めて会ったような気がしませんでした。


お互いにブログでいろいろな話をしていたのもあって
打ち解けるのに時間はかからず、普段人には話せないことも
たやすく打ち明けることができたのですが(乳がんの話など)

どことなく品のある彼女の摩訶不思議なお話に
時を忘れてすっかりのめり込んでしまいました!!!

カフェを出ると外はもう薄暗く、ゲストハウスまで元気に
闊歩した私達はそちらのラウンジでも話が尽きず(ついつい)
いよいよ食事を取るべくして、夜の町に消えて行きました…

うーーむ、あれは現実だったのか?
まるで夢でも見ていたような…?

すでに現在、私は自宅に帰宅しておりますが
まだ不思議な気分が抜けきれておりません(夢心地)

そんなわけで、明日は朝からみんなで
見晴らしの良い某H温泉へ行ってまいります◎


116305_1.jpg
「明日向かう予定のH温泉(ぬる湯)」


この場を借りましてshalakiさま、いつも
楽しい時間をありがとうです(大感謝✡)

また明日も不思議な夢の続きを
心から楽しみにしております(ΦωΦ)〜✧

 〜つづく〜

今日も元気をありがとう✡


↓非現実的なあんな話やこんな話が!
癌とココナツ (shalakiさまのブログです)

今日もバスに揺られて


14660533130.jpeg
「緑は目に優しいです」


今日も心地よい夏日和でした…!
(すっかり夏だわよーー!!!)

しかし私は左目の放射線治療のため、本日も
のらりくらりといつもの病院へ足を運びましたが、
頭を照りつける太陽の強い陽射しのせいか?

バスに激しく揺さぶられながら
「このままどこかへ行きたいなー」と
甘い誘惑にかられました(from sun & son)

  《太陽は人をバカにさせる》


激しい陽射しを浴びてぼんやりした頭に
そんなフレーズがふと思い浮かびましたが、

自分の今までの体験や周囲の行動を振り返ると
それはあながち間違っていない気もいたします。
(私はずっとそう信じて疑いませんでした)

南国の人がいつも陽気なのも
強い太陽の土地柄なのやも…??

もしそうだとしたら、元気がなくなった時は
太陽から気を分けてもらおう(字の如く「陽気」に)

それでもダメなら歌を歌おう(おしゃべりもイイね☆)

それでもダメなら夢中で踊ろう(ぜひとも4つ打ちで)

それでもダメなら…

おっと、どうやらバスが病院へ到着したようだ。
眩しいあの部屋へ私は行かねばならない…

降りまーす、降りますよー!
(あわててXperiaをしまいつつ)


20160616221251363.jpg
「いつもバスはガラガラ」


-------しばし放射線治療@病院----------

ふーーー、今日も無事に滞りなく
目に放射線を当て終えました(これで11回目)

今回はさらに放射線科/M先生の診察もありましたが、
まだこれといった大きな副作用もないことから「この調子で
残りの治療もがんばりましょう」と簡単に診察は終わりました。

今月はすでに医療費が限度額に届いているせいか、
お会計も待たずにさくっと終わりましたが(=0円)
これからバスがおよそ一時間待ちでございます…

…あぁ、また車の運転さえできれば!
(駐車場で熟睡中のナベドン号)


14660544250.jpeg
「病院にもかわいい七夕のデコが✧」



ところで以前お伝えした、山奥のスタジオ予定地の
膨大な草むしり企画は、放射線治療がはじまったため
現在はしばしお休み中でございます…(遠い目)

久しぶりにそちらへ足を運んでみると、
手付かずな環境が心地良かったのか?(自然は強し☆)
たくましい雑草達が再び元気良く顔を出しておりました。

↓夢中で草をむしった過去記事(5/3)
昨日のビフォーアフター


14660532750.jpeg
「あっという間に草ボウボウに…!」


14660532970.jpeg
「暑い日は木陰でゆっくり乾杯したい」


明らかに自宅よりも涼しい、あの緑深い山奥地で
再びのらりくらりと草むしりできる日が
とても楽しみどすぇ(ΦωΦ)ハナウタ〜♬

そんなわけで、放射線治療は残す所あと4回(早い!)

左目のチカチカ嵐は相変わらずですが、まずはしっかり
最後まで放射線治療を進めていけたらと思っております。

もしかしたら放射線の後は眼科の治療がはじまるのか?
これから左目が復活するかはわかりませんが(まさしく神のみぞ知る)
希望は捨てず前向きに療養していきたいと思います◎

どこもかしこもすっかり夏らしくなってまいりましたが
まめに水分を取りつつ、まめに汗を拭いつつ、、、

今しかない「今年の夏」をたっぷり満喫しちゃいましょう。
皆さまも愉快で楽しい週末になりますように✧


14660533270.jpeg
今日も元気をありがとう✡


片目で3ヶ月前を振り返る


20151029142918f57.jpg
「雨の日も風の日も…(本日は放射線8回目)」


日々のバタバタや左目の網膜剥離に翻弄されて
すっかり申しそびれていましたが、実は現在
精神科にまったく足を運んでおりません。

↓心の病んだ過去記事(3/9)
そう(躁)簡単にはいかない

寒い時期にいよいよ頭がおかしくなって
医師から「躁うつ病」と診断されたものの、

うつ病と異なる躁うつ病は先天性の病で
生涯にわたってのおつきあい…

日頃の行いや思いも意識してコントロールすることが
必要なことは身を持って理解できましたが、

今までの人生を振り返ってみたら
病んでる私がデフォルトなのではないか…?

気分の上がり下がりはあるけれど
今さらそれがなんなんだ!(そうだ!そうだ!)

乳がんでいつまで動けるかもわからないのに
いちいち細かい事まで気にしていられるか!(←本音)

いろいろな病気も含めて
これが自分なんだ…!
※まさしく躁状態の人らしい言い訳


046.jpg
「3年前はブレイズヘアーでした」



そんなわけで、うっかり出張先にお薬を
持っていくことを忘れたのが発端となって、
心のお薬は勝手に飲むのを辞めてしまいました。

頭がおかしくなって周囲に迷惑をかけるぐらいなら
品良く(?)薬でコントロールした方がいいけれど、

躁うつ病を自覚して気分が落ち着いてきた現在は
薬以外でもなにか良い方法がありそうな気がしたのです。

ちなみに躁うつ病の治療として出されたお薬は、
アナログのデジタル化さながらに(THE マスタリング)
気分の振れの上下部分をカットします。

薬をきちんと飲んでいれば、ぼやっとするものの
むやみに取り乱すことはなくなるでしょう。

しかし薬を飲んでいると、ワクワクするような楽しみな
気持ちはいっこうに湧いて来ず、行動の原動力となる
「何かしよう」と思う気持ちもだいぶ減っておりました。

まるで感度そのものが鈍っているような…
脳まで去勢されているような…(絶賛ホルモン治療中なのに)
心の薬を飲んでいると、とてもつまらない感じがしたのです。

「感情の薄っぺらい人間になりたくない」
それが昭和生まれでアナログな私の出した答えでした。


14648440780.jpeg
「こちらは平成生まれでハイテクなアイツ」



そんな経緯で私は3月の精神科受診の時、
ドクターメガネッチに軽く嘘をつきました。

メガネに帽子にマスクと、冬さながら完全防備のいでたちで
(薬を飲んでもいないのに)遠い目をして、オウムのように
「ぼちぼちです」をくりかえしたのです。

 私「ジプレキサは急激に太ったので、先生から
   ご指摘があった通り、自分で断薬してしまいました。
   替わりのエビリファイはなくても大丈夫です…」

 メ「それならそれでよかったです。問題なさそうですか?
   足がムズムズしたりしませんか?(←アカシジアの症状)
   大丈夫そうならメイラックスだけ処方しときますね」

…と、短時間で軽いやり取り(診察)を済ませたものの、
次の診察はどうしようかモヤモヤと検討しているうちに

左目の網膜剥離(目の転移)が判明→眼科で検査の日々→
さらにうっかり精神科受診の日を間違えました(したたる汗)

優しかったドクターメガネッチにもきちんと
諸事情をお話しなければ…そう思いつつも
あっという間に日にちは過ぎ去って行きました。

そんなこんなで前回の乳がん診察日、主治医のO先生から
「心の調子はどうですか?大丈夫ですか?」と聞かれて
ようやく精神科の話が切り出せました(かれこれ3ヶ月)

 メガネッチには本当に申し訳ないことをした
 また会えたらその時はぜひ、躁うつ病患者らしく
 頭をひねらせたジョークでも切り出そう(もし会えるなら…)


20160223102729831.jpg
「想い出の816(ハイとロー)」


といったわけで、これを機に
精神科を無事(?)卒業いたしました✧

ブログ村の「躁うつ病」カテゴリの皆さま、
短い間ではございましたが、関係ない話にも
おつきあいくださり本当にありがとうございました。

これからは隠れ「躁うつ病」患者として病を自覚し、
自分の感情・行動をうまくコントロールしていけたら幸いです。

さらに願わくば、魂は穏やかな僧侶のようになりたいと
心の底から願っております(日々是精進☆)

「今」に「心」をおいて念じることを忘れずに、
これからも貴重な「今」を大切にしていきたいと思います。

そしてこの度、乳がんが左目に転移したということで
この稀な情報をほんの少しでも知ってもらえたら、と
再びブログ村の「乳がん」カテゴリに登録いたしました。

ブログ村の皆さま、これからもまったり
ぼちぼちとよろしくお願いいたします。

今日も元気をありがとう✡