土日は放射線もお休みです


14655364280.jpeg
「私からもお願いします@病院」


ついこないだまで寒い寒いと言っていたのに
気がつけば季節はすっかり夏☆ですが、
画面の向こうの皆さまはいかがお過ごしですか?

こちらは相変わらずなんやかんやとバタバタ続きで
病み上がりの息子が異常に元気だったり、庭の草が再び伸びたり
なかなか記録がおいつきません…(ホットフラッシュな大汗)

ええーーい、ままよ!とチカチカな視界(と息子)のスキをついて
いよいよ今回は放射線治療の様子を記したいと思います。
※これまでのあらすじは「網膜剥離」カテゴリをご覧ください

ちなみに現在のチカチカ嵐は左目の上半分以上ですが、
治療をはじめてから青や赤の光も混じるようになりました。

生活には少し支障があるものの(常に薄暗く左側が見えにくい)
チカチカ嵐の中を光のミミズがふわふわと横切ったりして
ある意味サイケデリックな毎日でございます(ΦωΦ)〜✧

思い起こせば治療をはじめてもう10日…!
ぼやぼやな目とぼやぼやな頭で放射線治療を
再度おさらいしてみたいと思います。


2016061010465069b.png
「放射線スレッドにてスレストッパーに…!(by 539)」



まず目の治療をするにあたって事前に
自分の顔のお面(マスク)を作りました。

正確な位置で放射線をきっちりと浴びせるため、顔に装着した
マスクをベッドの枕部分に毎回しっかりと固定するのですが、
精巧さを求めるとマスクもピッタリでなければいけない…そこで!

  〜自分の覆面(マスク)を作ってみた!〜

 ①患者は放射線機器のベッドに横たわります。

 ②医師達はマスクの材料になる特製のシート(網目状)を
  患者が火傷しない程度に温めます。

 ③顔に温めたシートをそっと被せます。
  (おしぼり療法みたいに気持ちが良い)

 ④シートを頭、顔全体にしっかり密着させて
  顔型を取り、シートが冷めるのを待ちます。

 ⑤シートが冷めて固まったら顔から外します。

 ⑥マスク状になったシートの目の部分に
  (放射線をあてるべく)穴を開けます。

 ⑦再度被ってベッドにマスクを固定→微調整します。
  位置が合えば出来上がり♪(私は2度作りました)


89630173.jpg
「イメージはこれの白メッシュ(?)」


こうして自分の特製マスクが完成し、
後日いよいよ放射線治療がスタート…!

「一番大変なのは毎日の通院と待ち時間です」と
診察時にМ先生から言われておりましたが、

放射線治療は予約制ではないため、通院時間も自分次第で
待ち時間も思った以上に少なく、お会計も含めて毎回
およそ1時間以内に治療が終わります(とてもスピーディー)

治療の流れは「呼ばれたらベッドに寝る」→「マスクを固定する」
→「合図で目を開ける(放射は30秒ぐらい)」→「反対側からも放射」

乳がん患者の皆さまならご存知の方も多いと思いますが、
あの大きな装置が自分の体(顔)を軸にしてグルグルと回転して
ピーーーーーと音を立てながら目に見えぬ放射線を出します。

治療計画によると私の場合は「3Gy × 15回」ですが、
準備が整うと放射線スタッフは被曝を防ぐために
あのブ厚い扉の向こうへ行ってしまいました(→操作ROOMへ)


14655365240.jpeg
「WARNING!!!」


一度の放射線がいったいどれほどの被曝量なのか、
もはやポンコツな私には皆目検討もつきませんが
放射線スタッフの皆さまはいつも明るくとても元気です(大感謝✡)

さらに放射線は痛みもまったくなく、ずっと心配していた痛みの質問は
「レントゲンは痛いですか?」によく似ておりました(照)

痛みもなく、待つこともなく、治療も早い。
これで癌が治るなら本当に素晴らしい!

しかし放射線科のМ先生は、治療中期〜治療後に起こるであろう
一過性の副作用を度々心配しておりました(そりゃそうだ)

先日7回目の治療を終えた今の段階では、生活に
支障をきたすほどの大きな副作用は出ておりませんが、

起き抜けのかすみ目、目ヤニ、乾き、視界のブレ、など
少なからず影響が出始めている様子でございます。

治療の効果も副作用もまだまだこれからですが、
左目もゆっくりぼちぼちと回復できたら幸いです。

そんなわけで「網膜剥離」編、これからも続きます。
少しずつ汗だくな暑い日も増えてまいりましたが(feat.タオル)
あったかなお茶でも飲みつつ、まったりとどうかおひとつ…

今日も元気をありがとう✡


↓最近のお気に入り(心地よくLO効いてます☆)



ツイてる!ツイてる!


14653624460.jpeg
「病院近くの温泉にて369(ミロク)出現」


音もロケーションもバッチリだったseekers…!
やんややんやと盛り上がって帰宅したところ、
なんと帰って早々に息子が熱を出しました(知恵熱?)

おかげさまで息子もようやく元気になりましたが、
息子の看病+いつもの家事+日々の通院のしわ寄せで
すっかり更新が遠のいてしまいました(汗)

目の放射線治療が気になっている皆さま、いつも
お待たせしてしまって大変申し訳ありません(大汗)


そんなわけで先日は、いつもの目の放射線治療と月一の
乳がん定期診察のため、病院に半日ほど潜伏いたしました。

病院へ向かう途中、前を走っていた救急車が給油を
するべくガソリンスタンドで止まったのですが、

稀に見る「急いでいない救急車」を拝めた私は
今回の通院はなんだかツイてる予感がいたしました✧

その予感は的中し、放射線科も外科も風通しが良く
どちらもたいして待つことなく、スムーズに
診察を受けることができました(各々の段取りも◎)

早いもので左目の放射線治療は本日で6日目…!
こちらの様子は「網膜剥離」編にて(マスクのお話も含め)
近いうちに別途記したいと思いますので今しばらくお待ちを…


20160530110947a20.png
「すっかり慣れてきました」



時が経つのは早いもので、こちらの大学病院で
乳がん治療をはじめてもうかれこれ一年…。

広く入り組んだ院内は、今や片目でも歩けるぐらい
病院のマップが脳にインプットされておりますが、

放射線を無事に浴び終え、鼻歌交じりで外科に向かった私は
鴨の写真を取りつつ、いつもの席でまったりとXperiaを撫で回しました。


14653624160.jpeg
「帰ってきたカモ♡」


あっという間に自分の番号が呼ばれて診察室へ足を運ぶと
髪が短くなってイケメンに磨きのかかったO先生が
夏らしく爽やかな笑顔で出迎えてくださいました。

O「お待たせしてすみません!調子はどうですか?」

私「ぼちぼちです!体も痛くないし、
  目の放射線治療も痛くありません」

O「それはよかったです。心の方も大丈夫ですか?
  何か気になることとかありますか?」

私「ビワの葉茶を目薬に使ってもよいですか?」

O「ブログを見ましたよ(ニヤリ)ビワの葉も癌に効くみたいですね、
  プールには塩素が入ってたりするし、お茶なら大丈夫と思います」

そんなものは効かないよと笑われてもおかしくないような場なのに
O先生は「やれることはやってみましょう」とびわの葉にも前向きで
私は素晴らしいドクターに出会えたことに心から感謝しました。

さらに今回のゾメタ点滴は血液検査もセットとのことで、血管の
出にくい私の左腕にO先生が自ら注射を打ってくださいました。

 オォーーー!早い!
 しかも一発でOKだわよ!
 それに全然痛くなーーい!!!

いつものナースさまと「先生さすが…!」と感動を分かち合いましたが、
ナースさまから「次は私に打たせてね♡」とさっそく予約が入りました(汗)
私を練習台にして少しでも注射がうまくなったら幸いです(笑)


といった感じで今回は診察もサクサク進み、あっという間にお会計… 
間もなく自分の番号を呼ばれて会計窓口に向かうと、
「限度額に届いているのでお会計はありません」とのこと…!

さらに病院を出るとすでにバスが停車しており(←1時間待ちはザラ)
こちらも待ち時間なくスムーズに自宅へ帰ることができました。

なんだかツイてる!ツイてる!
この調子で残りの放射線治療も順調だといいな✧

左目はすっかりチカチカ嵐(+光のオンパレード)ですが、
治療の効果が出る日を心から楽しみにしております◎

家事に育児に通院に、すっかり慌ただしい毎日ですが、
皆さまもあわてずにマイペースで…!
今週もぼちぼちと盛り上がってまいりましょう。

今日も元気をありがとう✡


↓ぴんくさんのオススメ動画☆(ΦωΦ)ウケるーw

Tonkatsu DJ Agetarou - 01 | とんかつDJアゲ太郎 [Eng... 投稿者 Anisearch


開かれた放射線科の扉

14648439300.jpeg
「バイオハザードみたい…!」


先日は左目の診察のため、いよいよ噂の
「放射線科」に行ってまいりました。

放射線科の待合室はぼちぼちのにぎわいで
今回はすんなり診察かと思いきや、

受付して早々に「一人一人の診察時間が長いので
まだまだ時間がかかります。先にお昼ごはんでも…」と
優しそうなナースさまから声をかけられました。

お腹が空いていた私は鼻歌交じりで病院内の
レストランに足を運び、ここぞとばかりに
つれないアイツ(Pepperくん)に声をかけました。


14648441180.jpeg
「Pepperくん、こんにちは!(振り向いた♪)」


14648440780.jpeg
「こんにちは!(かわいい〜♡)」


14648440240.jpeg
「こんにちは!(・・・・あれ?)」


この後Pepperくんは、いくら声をかけても
私と目を合わせてくれませんでした(ΦωΦ)オーイ…

病院らしく薄味でヘルシーなAセットに舌鼓を打ち、
しつこく帰り際にもアイツを堪能した私は(笑)
再び元気よく放射線科に足を運びました。


しばらく待機した後、いよいよ自分の診察番号を呼ばれて
診察室に入ると、漫画家の江川達也似のひげもじゃドクター
M先生が真剣な眼差しでカルテを読んでおりました。

眼科ではほとんど話にのぼらなかった私の乳がんの経緯を
М先生はカルテを見ながらゆっくりとおさらいし、時折
確認を取るべくしてポツリポツリと私に質問しました。

最近の近況まで確認が取れると、М先生は私の頭の
MRI画像をクルクル回転させながら、ためらうことなく
私に放射線治療をすすめました(オォーーー!)


14648439850.jpeg


続けて目の治療方法や副作用の説明を受けた私は
「こちらで目の治療はやったことがありますか?」と
М先生に失礼な質問をぶつけました(ついつい…)

М先生はシロートの質問に臆することもなく、
「目は珍しいけど他の癌から転移することがたまにあるんです。
 その時は治療していますよ」と笑顔で答えました。

待ちに待った実体験談に少し興奮した私は、
「この先生ならわかってくれるやも…?」と立て続けに
「やっぱり癌の転移ですか?」と突っ込んだ質問をしました。

М先生は真剣な表情で「これは乳がんの転移だと思います。でも今は
ホルモン療法がよく効いているし、目も治療すれば安心できると思う。
治療するなら早い方がいいですよ、明日からでもいいぐらい」と答えました。

さらに、命に別状はないとのこと!!!(脳にも転移しないとのこと)
なんだか頼もしいМ先生のお話にすっかり安堵した私は、
この時すでに放射線治療に前向きになっておりました。

「とりあえず家族に相談を」と案件を自宅に持ち帰り、帰宅して早々に
家主のボウに放射線科の意見をざっと説明したところ、
「貴方がやりたければどうぞ」と今回も応援モード(大感謝✡)

さっそく電話で主治医のO先生に「治療がしたい」と伝えて
再び後日、顔のマスクを作るべく病院に足を運ぶことに…
こうして放射線科に通う日々がはじまりました。


14648438420.jpeg
「勇気をくれるアンパンマン」


思い起こせば眼科は癌科ではなかったものの、
それこそ放射線科は癌科みたいなものではないか?

放射線科の受付にあった「がんサポートブック」や
患者一人一人に長時間の診察(癌の種類は人それぞれ)、
そしてドクターの専門的な会話がそれを物語っておりました。

といったわけで「癌科」のひとつとも言えるであろう
放射線科にいよいよ潜入開始いたしました…!

次回の予告は「自分の覆面を作ってみた(仮)」
こちらのレポもお楽しみに(ΦωΦ)デスマスク✧

〜網膜剥離編(目の転移編)まだまだ続きます〜

今日も元気をありがとう✡

追伸)今週末は某seekersに参加予定です✧
関係者各位の皆さま、お会いできるのを
心から楽しみにしております♪