笑いでQOL向上


ホラーやゾンビ、ほんとにあった怖い話などを好むボウが
コメディ好きの私に愉快な映画を教えてくれました


201509132114385a2.jpg
タイトルは「東京ゾンビ」(2005年)
主演/浅野忠信、哀川翔

[あらすじ]消火器工場に勤める柔術に夢中のアフロとハゲが
江戸川区の黒富士(ゴミの山)から発生したゾンビと闘う…!

ちゃんぷるブログ
↑こちらのレビューがわかりやすいです◎


はっきり言ってB級映画です


…が、ゾンビ映画にありがちなスリルや悲愴感はまったくなし…!
笑いの好みは人それぞれですが、私は安心して最後まで笑えました

個人的には哀川翔の演じるみっちゃんが病院で
「こんなに痛いんだから癌だろ!」とお医者様につめよって
「癌です」と言わせるシーンもバカウケでした(ほんとは胃潰瘍)


あぁ、愉快な映画だった(感無量☆)
ブラックジョークが好きな方にぜひオススメです


今日は以前からずっと探していた
愉快な(?)闘病ブログも発見することができて
個人的にとても嬉しい一日でした(Pさん、ありがとう)

明日も愉快な一日になりますように☆
いつも元気をありがとう


今夜は月に願いを


「昨日もかなり濃厚でした@彩の国」


バナー選びやping送信などに頭がこんがらがりましたが、
やっとこ某ブログ村の転入手続きが終わりました

あとは村長さまの顔を拝むだけ…!(果たして実在するのか)
一村民として彼の物腰の柔らかさを見習えたらと思います◎

にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 感謝と祈りの暮らしへ
にほんブログ村
 ↑正真正銘の「ポチッとな」(村にワープします)


…そんなわけで、昨日動き回っていたせいか
今日は少々体がきしんでおります

「今日はゆっくりできたらいいな」
そんなことを考えつつ、洗濯物を干していたら

「お前はなぜそれをしてるのか?」
どこからともなく天の声が…(←脳内に)

「愛する我が子が心地よくなるように、です」と
ありきたりな返事をしようとすると(←脳内で)

天の声は「きちんと本音を言え!」
即座に私のいい加減な心を見透かしました(テヘペロ)

…気を取り直して、
「なぜ一生懸命に家事をしてるのか?」

ズバリ!「右脳を活性化させるためです」(←本音)


20150928170552cdd.jpg


体を動かしたり、太陽をあびたり、文章を読んで
イメージを働かせたりすると右脳は活性化されます

右脳が活性化しているとポジティブになれるだけでなく
愉快なひらめきが湧いたり、客観的に自分が感じられたりと
日々の暮らしにも都合が良いことばかり

病んだ私は「こんなうまい手はない」と常日頃、
己のために体を動かし続けていたのです…!(すまぬ、息子よ)

鍛えたい芸術脳…右脳を鍛える方法
↑別途参照のNAVERまとめ


ちなみに嬉しい奇跡(ミラクル)部門は、
感謝の気持ちが関係しているといった説もあります

"ありがとう"で有名な、今は故き小林正観氏いわく
「感謝している時」と「超能力を使う時」は
どうやら同じ脳波らしいのです(特殊な"ガンマ波")

様々な感謝のロケーションでミラクルが起こるのを
観察して長くなりますが(かれこれ6〜7年)
この説、あながち間違っていないやも…?(絶賛検証中)


2015092817311736c.jpg

そんなわけで、もし嫌な気分になったり
気分が落ちこんだ時は、ぜひ様々な方法を用いて
(可能なら体を動かして)右脳を活性化させてみてください

きっと、いや必ず世界が変わることでしょう(気分一新)
騙されついでに(?)感謝ミラクル検証もぜひぜひ

今日も元気をありがとう

201509282007407a4.jpg
「今夜は巨大な満月、スーパームーン」

宣言いたします

201510031001264cb.jpg


愛する我が子が眠った隙に、ふと
某・巨大掲示版をのぞいてみたところ、

なにやら乳がん手術をした某・北T晶さまが
全摘後の胸をブログで公開する宣言をしたとか…?
(我が家にはテレビがないため詳細不明)

掲示版の乳がん患者様達は、興味本位な周囲の目が
同病の自分に注がれるのを恐れ (+忘れていたい傷)
「患者の気持ちをもっと配慮せよ」と憤っておりました

私も皆の衆の憤りにあおられて、
「なぜ手術したら露出狂じゃなくなるのか」と思わず
微妙なレスをしてしまいました (が、あえなくスルー)

20151003154250151.gif


どうせお披露目するならば…!(芸能の方でしたら)

TATTOOでアートした胸を堂々と公開すれば
きっと今とは違った感じの啓蒙活動ができるのでは?

ネットで見たところ、海外では傷跡にTATTOOを入れるのは
とびきり変わったことではないらしいです

 
20151003154924731.jpg
乳がん手術後のタトゥー施術に
力を注いでいるイギリスの「P.INK」

20151003100156d3a.jpg
あらあら、素敵ー


実は私の周囲は非常にTATTOO率が高いのですが、
どの友人も"怖くない"きれいな模様やイラストばかりで
なかには素晴らしいセンスの彫師さんもチラホラ
  
老い先短い(やもしれぬ)アテクシも、延命記念に
いっちょ彫ってみようかしら、と思いつきましたが
温泉に行きにくくなるということで即断念いたしました


20151003100056402.jpg


あれ…?
右胸の手術痕なら温泉でいつも隠してるから
小さめの模様だったら平気なんじゃない??(←気の迷い)

…そんなわけで、
私も某・北○晶さまの真似をして 影響を受けて、

もしもこの先、縁あって傷跡にTATTOOを入れた際には
当ブログにて胸を公開したいと思います!(←宣言)


20151003153328584.jpg
この模様もかわゆす♡


…なになに?
誰もそんなもの見たくないって?

ムッフッフ ご安心くださいまし!
私のバックにはAdobe社がついております(禁断のフォトショ)

アバタもえくぼで傷まで愛して、
皆さまも芸術の秋を楽しみましょう

今日も元気をありがとう

お暇な時は「ポチッとな♪」
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

オキノームバンザイ!


20151026105159003.jpg
「ぴんくさんへのプレゼント」


これさえあれば!…と
いろいろな場面で大活躍だったオキノームが
今月半ば頃から一向に減る気配がありません

ある時はマハトマ・ガンジー、またある時は
マザー・テレサのように、盟友オキノームは
私の耐え難い痛みをサラリと忘れさせてくれました

「痛くなったら飲む」はマイペースな私にはとても便利で
飲んだ15分後にはニッコリな「速攻性」もマジヤバス…!

「○時△分には元気な自分が!」と復活推定時間を
先読みするのも楽しみのひとつでした(期待に胸を膨らませつつ)

愉快な遊び(タイムアタック)+効き目も抜群だったので
それこそ以前はオキノームに依存しまくっておりました


↓過去の依存記事
麻薬患者になりました
思いがけず病院へ(前編)

20151026110424875.jpg


しかしながら、痛みの感じない現在は
オキノームはただの「甘い粉」でしかありません

皆さまもご存知の通り、オキノームは
オピウム系(オキシコンチン)の医療麻薬ですが
常習性もなく、副作用は便秘と眠気ぐらいです

試しに痛みのない時も服用してみましたが、
これといった快楽も陶酔感もなく(分量が少なかった?)

地球の裏側ではドラッグストアに強盗が入るほど
オキシコドンがヤク中に人気があるというのが
イマイチ癌患者の私には理解できませんでした

あるいは、そんなに痛いのを忘れたいのか?
(それなら素直にお医者に行けばいいのに)


20151026105144e12.jpg


麻薬は病人のためにある
言っても過言ではありません
(オキノームバンザイ!)

痛ければ痛いほど、痛み止めが効いた時は
体だけでなく気分も上がります(弓矢の原理で)

さらに人生全般にも言えることなのですが
痛みを知っているからこそ、その先に
快楽が待ち受けているのでは…?と(楽あれば苦あり)

…そんなわけで(痛くないのが一番ですが)
すっかり私は麻薬患者になりました
(オキノームバンザイ!)

≪記録≫
2015102610521442e.jpg
オキノーム在庫30包(10/26現在)
 ※明後日は定期診察で病院へ

皆さまも痛みのない一日になりますように

今日も元気をありがとう


オキノームバンザイ!はポチッとな♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


らしくなきゃダメ?


20151028232955665.jpg
「新たな刺客(from ぴんくさん)」

----------------------------------------------------------------

猫耳 さん

 癌の闘病まんがを読んだことがありますか?
 コメディタッチが好きなので、泣けない系が知りたいです。
 笑える闘病まんがをご存知の方、ぜひ教えてください。

   回答数:1 閲覧数:49 お礼:知恵コイン0

----------------------------------------------------------------

ベストアンサー
tabascotabacum さん
 
 いや、ないですわ。ほんまに


2015102800102184d.png


≪転載元≫ Yahoo!癌の闘病まんがを…
 (ズバリ!無断転載"模写"です)


----------------------------------------------------------------


そんなわけで先日、息子の服をたたみながら
私はあることに気がつきました

体のサイズ、行動パターン、好みの食べ物などを考慮すると
もうすっかり息子は赤子ではない…!(驚愕の事実)

「もう奴は赤ちゃんじゃないし、実はかわいいと思ってるのは
 自分だけだったらどうしよう」と保護者代表に相談したところ、

「ヨチヨチ歩きだし、ちゃんと言葉も喋れないから
 まだまだかわいい盛りじゃない?」と親バカアンサー


20151028232938e40.jpg
「いつも一緒の二人(一心同体)」


…ムムッ、ちょっと待てよ?
それならスタスタ歩いてペラペラ喋りはじめたら
息子はかわいくなくなるのか?(The 自立)

(子供のかわいさはさておき)
それってもしかしたら病人にも同じことが
言えるんじゃないのか??(The 閃き)

20151028221650f86.jpg


…私の推理ですと、闘病ブログの読者さまが応援したいのは
癌と必死に闘う「余命一ヶ月の花嫁」であって

「どこも痛くないヨー、アハハハ!」とごはんを何杯もおかわりする
「ふざけ気分のロックンローラー」ではないと思われます…


しかしそうは言っても当事者になれば、ずっとションボリ
メソメソなんてしていられません(NK細胞が…!QOL向上も)

癌と言われても、みんなそれぞれ
前を向いて生きています

(痛みや副作用に耐えつつ)

健康な皆さまも、そんな患者のデリケートな気持ちを少しでも
理解していただけたら幸いです(あわよくば笑いプリーズ)


201510281247345a4.jpg
「まるっと同感です


といったわけで(誕生日はタブレットゲットならず)
落ち込んだら上を向いて歩こうと午後から鼻唄交じりで病院へ…
(恒例のゾラデックス・ゾメタ+血液検査+定期診察)

きっといつも通りだろうとお気楽気分で診察に挑みましたが
今日はイケメンドクターから思いがけないお知らせが…!

またしても長くなってしまったので、
この続きはまた明日☆(乞うご期待)

今日も元気をありがとう


お暇な時はポチッとな♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村